無料保険相談で商品券が貰えるって本当?カラクリは?

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、提案に納得できず話し合いが残念な結果に終わることもあるようです。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

威圧的な態度をとるなどして断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、アフターケアについても心配なのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族などと一緒に面談すると良いでしょう。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った保障が付いているのかわかりやすくなります。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もり後に催促の電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスを利用する場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPと提携解消を行うサービスもあるほど勧誘に際してのトラブルに気をつけています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールという仕組みがあり電話一本で勧誘のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?最初にネットで調べる人は多いと思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというサービスのHPを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

色々、ヒアリングをするので落ち着いて話ができる自宅で相談をほとんどの方が行っているようです。

また、サービスとしての方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく噛み砕いて説明してくれるようなので安心ですね。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、電話1本などでFPの変更ができるようにしたり対策をしています。

人生の中で保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

相談者を募集の販促で豪華な商品プレゼントを行なっている保険無料相談サービスを見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談ができるわけではありません。

特に、中小規模のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントする販促方法を禁止としたからです。

そのため、保険の相談業界ではお米や牛肉、タオルなどの換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

契約した時と現在では収入や将来への希望などは変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に紹介してもらえたという話も多いです。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでは収入が発生せず、提案した生命保険への契約が成立して初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

世間には無料で保険相談に乗ってくれる会社がたくさんありますが、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりして多くの人に知られているのが「ほけんの窓口」ではないでしょうか。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から始め、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで実際の体験者の満足度は高いようです。

また取扱っている商品の数も多いので、さまざまなプランを比較できると思います。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談した人に対しての換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われるお中元やお歳暮、カレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、病気や怪我で動物病院に行った際の治療費を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも内容を紹介をしていますので相談してみましょう。

無料で保険の話し合いができる機会を得ることができたなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?さらにはそれが自分の生活に合っているのか?ということです。

面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

またどこの会社に面談を依頼するかということも重要なので、会社選びも慎重にしましょう。

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

実績について調べてみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。

このことは人々の関心が高いという一方で、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。

各々の会社について見ていくと、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスの名前がよく挙がっています。

実力のあるFPさんがいるのはもちろんのこと、気軽に面談までできるという点に定評があるようです。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

どんな仕組みでそんなことが可能になっているのか、探ってみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても担当した顧客が契約をしたときだけお金になるわけですが、営業のチャンスであることは確かなので、誰にとっても嬉しいメカニズムと言えそうです。

参考:無料保険相談騙される?怖いし不安!【無知な素人が行っても大丈夫?】

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、事故による怪我の治療などで動物病院に通院した際の治療費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

気になる方は、CMなどでも聞いたことのある保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談サービスをしている企業もとても気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、サービスによってはメール1通で担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者を見つけしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりしてわりかし身近に感じられる「ほけんの窓口」。

いわゆる来店型の会社の中でも知名度はトップクラスで、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から始め、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで評判が良く、満足度も高いとのこと。

さらに扱っている商品の数もたくさんあるので、さまざまなプランを比較できると思います。

保険を見直す時期といわれるライフイベントがあります。

例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないと何を基準にして選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、将来の夢や希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。

保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、メールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで全て行えるサービスもあります。

なので、ネット上で完結するので24時間365日受付ており、返信内容の確認も通勤中の電車の中など空いた時間に確認返信ができます。

もし、書いてある内容が理解できない、こちらが伝えたいことの意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

状況が変わって相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案される内容を比べる、信頼できる担当者探しをするのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると相談者本意ではなく、A社に対する対抗心で提案をしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

車の買取などいろいろな場面で見積もりをしますよね。

見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、万が一担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという仕組みがあり電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

その中で本当に良い会社と出会うということは、想像よりずっと簡単ではないと思います。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

よく聞くような名前の会社でもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスを見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは違います。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が確定できるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。

実績について調べてみると一社の利用者数だけでも年間十万人を超えるそうです。

それは人々の関心が高いことの表れでもあり、またプロの意見を聞きたくなるほど入り組んだ仕組みとなっているということではないでしょうか。

各々の会社について見ていくと、CMでも有名なほけんの窓口や、ネットでよく見る保険マンモスなどの名前がよく挙がっています。

多くはFPさんの質にこだわっていることや、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

よくネット広告などで見る保険無料相談サーブ¥ビスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談サービスは大体5000から20000円くらいが値段相場となっているようです。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

無料相談サービスで腕を磨いた優秀なFPが担当してくれることが多いことが挙げられます。

そのため、お客様の立場で公平中立なアドバイスをしてくれることです。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点も自信の表れでしょうか。

有料は嫌だという方は、担当者を変えるなど何度も無料相談を行なってください。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの支出を節約しましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうすると次に考えるのが、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。